2007年10月31日

秋の陽射しを受けて(試し撮り その2)

.



今年の夏に義母と女房とで行った、山梨の白州(尾白)で買い求めた小判草です。


新しく買ったカメラ(ルミックス18)での試し撮りその2です。


この小判草を買い求めた時は今年の最高気温を記録していましたが、10月(神無月)も終わり、明日から11月(霜月)になります。


つるべ落としのように、日が暮れるのも早くなりました。


ちょっと前まで青かった小判草も、今では小金色になってきました。


今年もあとふた月になり、最近は時の流れの速さを感じています。



P1000279-a.jpg



秋の陽射しを受けて、木々も気持ち良さそうですね。



例年では銀杏の葉もそろそろ色づき始めるのですが、2週間以上は遅れているのではないでしょうか?

長期予報でも秋は短く、雪が多く降る冬になるとのことです。




P1000282-a.jpg


前の画像はモミジの盆栽の根でした。


親父が趣味にしていたものの一つです。

松のような管理はしなくても、それぞれの季節を味わうことが出来ますね。

今では母が水遣りをして、私がたまに剪定をしているくらいです。




P1000207-a.jpg



庭隅にあるススキの穂です。



縁側で月見をするために昨年買い求め、プランターで育てています。


十五夜が近づくと傍に出しては、日本の風流を楽しんでいます。

しかし、なんで十月のお月さんは美しいのでしょうかね?


最近は、縁側からお月さんをぼんやりと見る機会が増えました。

この時期のお月さんも良いですよ。



試し撮り(その2)でした。

yuki


posted by yuki爺 at 00:00| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。