2007年10月27日

数の単位(爺の雑学)

PICT0003.jpg


画像と内容は異なります。
(我が家で採れたおもしろカボチャ)


世の中、不可思議ふかしぎ:常識では理解できない不思議なこと)なことも多く、まさかやが当たり前になってしまった。

デジタルの世界も最近であるが、メガ(百)ギガ(十)が頻繁に使われるようになっている。

この時代だからこそ、心のいを持つことは、に無量の喜びにもなる。

ここまでは数の大きいものを言葉風に紹介しましたが、赤色は全て数の単位なんですよ。

どんな単位なのかは、下段をご覧ください。


次に数が小さくなるものは、みなさんご存知のとおり、何・何・何ですね。

その次は毛(け)より細いものは(いと)なんです。そして、(こつ)たちまちと読む。(び)わずかな。(せん)。(しゃ)水辺の砂。(じん)ちり。(あい)ほこり。・・・と続きます。


何かの宣伝にもありますが、「これからの季節は空気清浄機が必要です」と言われます。


この言葉の中にも数の単位が使われています。


(くう)一切が存在する空間。(せい)(じょう)煩悩や悪行が無く、心身が清らかであること。

知らず知らずのうちに、数の単位を使っているのです。

昔の人は凄いですね!こんな単位まで考えていたのは驚きです。



何かの参考に、長くなりますが数の単位の全てをご紹介します。





存在数の単位 (大きい単位)


単 位 読み方 指 数   備 考

         *指数は全て10の○乗になっています。

一 いち 10 0乗

十 じゅう 10 1

百 ひゃく 10 2

千 せん 10 3  キロ

万 まん 10 4(萬) 百万 メガ

億 おく 10 8   十億 ギガ

兆 ちょう 10 12  テラ 千兆ペタ

京 けい 10 16  百京 エクサ

垓 がい 10 20  十垓 セダ

杼 じょ 10 24   ヨタ

穣 じょう 10 28

溝 こう 10 32

澗 (潤) かん 10 36

正 せい 10 40

載 さい 10 44

極 ごく 10 48

恒河沙 こうがしゃ10 52 (10 56) 恒河 ( ガンジス川 )の無数の砂。

阿僧祇 あそうぎ 10 56 (10 64) 数えられないこと。

那由他 なゆた 10 60 (10 72) 「那由多」 とも書く。

不可思議 ふかしぎ 10 64 (10 80) 常識では理解できない不思議なこと。

無量大数 むりょうたいすう 10 68 (10 88)



数の単位 (小さい単位)

単 位 読み方 指 数  備 考

分 ぶ 10-1乗  デシ

厘 りん 10-2  センチ

毛 もう 10-3  け ミリ

糸 し 10-4  いと

忽 こつ 10-5  たちまち

微 び 10-6  わずかな マイクロPPM

繊 せん 10-7  繊維 

沙 しゃ 10-8  水辺の砂

塵 じん 10-9  ちり ナノ

埃 あい 10-10  ほこり

渺 びょう 10-11  かすんでいること

漠 ばく 10-12  ぼんやりしていることピコ

模糊 もこ 10-13  あいまいなこと 

逡巡 しゅんじゅん10-14  決断がつかないこと

須臾 しゅゆ 10-15  しばらくの間 フェムト

瞬息 しゅんそく10-16 ばたきをし、息をする間

弾指 だんし 10-17  指の爪の先を親指の腹にあてて、音を立てること

刹那 せつな 10-18  短い時間 アト

六徳 りっとく 10-19  知・仁・聖・義・忠・和
    
空 きょ   10-20    一切が存在する空間 セプト 

清    せい   10-22

浄 じょう 10-23   煩悩や悪行が無く、心身が清らかであること

阿頼耶  あらや 10-24  ヨクト

阿摩羅  あまら 10-25

涅槃寂静 ねはんじゃくじょう 10-29


いかがでしたか?

今日は爺の雑学を紹介しました。


posted by yuki爺 at 11:43| 東京 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。