2007年07月28日

京の街(その3)

甍(いらか)です。

朝、ホテルのカーテンを開けると近所に甍の家々を見つけました。
ビル群に挟まれ、ちょっと窮屈そうです。

l.JPG


京都駅内のホテルの通路です。

あまりにも京都的で幻想的だったのでパチリしました。


m.JPG


間口が狭く奥行きが長いのは、この街の造りなのでしょう。

言葉も判らず使っていましたら、nagomiさんからお茶屋さんとは、京都ではだんな衆が舞妓さんを呼んで遊ぶところだそうです。

簡単にお茶しようとは言えませんね。


k.JPG

先斗町の通りだったと思います。
お値段も高そうな、お茶屋さん?高級料亭?が並んでいます。

でも、風情はありますね。

一度は行って見たい!(何方か誘ってくださいよ)


t.JPG

先斗町を通り抜け、次の通りに入りました。

この通りでも、多くの外国の方々ともすれ違いましたが、京都で感じたことは、安全で清潔なことです。

東京にはこんな雰囲気は作れないでしょうね。


z14.JPG

オフ会の仲間と「京扇」と言うお店に寄りました。
おかあさん(東京ではママ?女将さん?と呼ぶかな?)は、昔、鞍馬天狗で有名な俳優さんの奥様とのことでした。


h.JPG

「丸と四角」を街並みにマッチさせていますね。
こんな場面に出くわすと「うぅ〜ん」とうなります。

まさに、日本の美と生活を感じます。


f.JPG


この画像も「丸と四角」です。

やはり伝統のある街は落ち着きますね。

エイジング(歳月を経るにつれて良さが増すもの)を感じます。

ものと人を大事にしなければ!!

yuki
posted by yuki爺 at 21:47| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。