2007年05月07日

「足るを知る(たるをしる)」

朝露の花たち  (昨日は雨模様でしたので、今朝は露がかっていました)



この連休もあっと言う間に終わってしまいました。

あぁ〜あれもこれもやりたかった。それにはもっと時間が欲しかった・・・。と不満げに独り言をいってしまいます。

こうして見ると、私(人間)って欲望の塊かもしれませんね。

本当は今の状態に満たされているのでしょうが、何故か満足しておらず、時には節約しているとか、何ごとも腹八分目だと言って、更なる要求や自分に都合の良いように考えているのが本音です。

それは、私自身、本当の満足(腹十分目)が、何だか知らないからなのでしょうか?

不満に思っていることは、もしかしたら満足(十分目)以上の状態にあるかも知れません。

満腹状態に気がつかないから“不満”が出てしまうのでしょう。

これは子どもがオモチャを欲しがるように、飽食・飽物(こんな言葉はあったかな?)状態になり、いくら満たしても満ち足りない欠乏感にとりつかれているのかも知れません。

きょうのタイトルですが「足るを知る」です。

京都の竜安寺のつくばい(手水鉢)には「吾唯足知」(われただたるをしる)と刻み込まれています。

これは満足(腹十分目)を知ると言うことでなく、六分でも八分でも足るを知れ、と教えているのです。

ある意味では充実感のあった連休でしたが、時間がまだ欲しい(足りない)とか、あれもこれもしたいとか・・・。

もの足りない不満のあるような気持ちでしたが、いま、自分が健康でいる。
特に大きな悩みや課題もない?(貯金もないが借金もない)ことに満足しなければ、罰があたることを認識しなければなりません。

やはり、自分の力をわきまえて、分を知ることが不平・不満がでないのでしょうね。

爺の年齢になって、やっと“足るを知る”を感じはじめました、きょうこの頃です。

追伸:京都のnagomiさんへ 竜安寺のつくばいの写真を撮り、事実かどうか確認することを指令する。



posted by yuki爺 at 18:40| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。