2007年05月30日

我が家のおもてなし

朝夕の陽気は今が最高なのではないでしょうか。
以前から約束していた友人をお招きし、ゆっくりと会話を楽しみました。



お招きした方は旧知の友人で、お父さまやお母さまもよく存じ上げている方とそのご友人です。

いろいろな出来事があって、そのお祝いも含めたものです。

今日の画像は、「我が家のおもてなし」と題してアップさせていただきました。

先ずは、庭での焚火です。
本来なら薪割りもしていただくのですが、十分にストックがありましたので、手伝っていただきませんでした。

テーブル?(焚き火台?)でのセッティングです。
女房を含めて4人分を用意いたしました。

今日のメインは庭での天ぷらです。

学生の頃、米国に住んでいましたが日本料理店アルバイトをしていました。その時の担当が天ぷら係だったんです。
もう、47〜8年前の話です。

腕前は確かですよ。

用意した素材は、海老、ホタテ、キス、アナゴ、アジ、イカ、ピーマン、新玉ねぎ、新ジャガ、庭で採れたエンドウ・・・です。

女房はオイルサラダや酢豚・・・あと何だっけぇ〜?

そして、京都のnagomiさんからお贈りいただいた丹波のワインです。

明るかった空も夕暮れとともに、いいムードになってきました。

そうそう!今年はじめて蚊取り線香を出しました。


陽もどっぷりと落ち、ちょっと肌寒くなりましたので、宅内の囲炉裏?のある部屋にお通ししました。

好きなレコード曲が流れています。

照明を落とし、炭火で沸く鉄瓶にお調子を入れて、ぬる燗で一杯も最高でした。

他愛無い話で時間が過ぎていきました・・・。

仕上げに美味しいうどんとお茶で、満足した笑顔が見られました。

庭での焚火・天ぷら・蚊取り線香の匂い・レコード・鉄瓶のお湯が沸く音・ゆっくりとした会話・・・これが我が家のもてなしでした。

posted by yuki爺 at 08:15| 東京 ☀| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

優 勝 !!

競技ダンスで、1級戦ラテンアメリカンの試合に出場しました。

私たち夫婦の共通の趣味はご存知のとおり競技ダンスです。



今日は錦糸町(東京)で開催されたJDC主催の競技会に参加いたしました。

今まで、スタンダード(燕尾服を着て踊る)を中心に力を入れていましたので、なんとかラテン(比較的 派手な格好?)もランクアップしたいとひそかに頑張っていました。

今回も出場するか迷っていましたが、どうせ勝てっこないと遊びのつもりでの参加です。

予定ではラテンとスタンダードでしたが、ラテンに集中するためにスタンダードはキャンセルいたしました。

いよいよ午前中がラテンの試合がスタートしたました。
私の背番号は142番です。

予選が始まりました。
なんと142番の私は1位での通過です。
(一人のジャッジが2点持っていますので、満点が14点中13点をいただきました)

ジャッジは有名なプロダンサーばかりの7名です。
ウッちゃんナンちゃんの芸能人が出場する番組はご存知ですよね。

ジャッジのお一人は、番組のメインコーチャーである「二ツ森 亨先生」です。
実物は背が高くカッコいい先生でした。

準決勝も1位通過でした。

いよいよ決勝戦です。

サンバのリズムも良く聞こえました。
ルンバも哀愁?の表現もでき、自分なりに満足でした。

いよいよ、結果発表になりました。

アナウンスは・・・優勝は(第1位)・・・142番 yuki爺組。

嬉しかったですねぇ〜。思わず女房に抱きついちゃいましたよ!

これまでの間、ダイエットして挑んだ甲斐がありました。

3級・2級と優勝を経験していましたが、まさか1級戦で優勝できるとは思っても見ませんでした。
ランクが上がるとなかなか優勝はできません。

余韻に浸るなか、仲間のスタンダード出場者を少し応援して、遅い昼食を取るために、会場近くのお蕎麦屋さんに入りました。

今日は奮発して、1300円の天ぷら蕎麦を注文いたしました。
(ご褒美です)

帰宅して、美味しい酎ハイを飲みながらブログをアップしています。

この間、ダンスの試合に集中するため練習も多くしていましたので(もちろん仕事もしていますよ!)、みなさんからいろいろなコメントを頂いておりましたが、ご返事も出さずに無礼をしていました。

どうかお許しください。

あぁ〜今日の酒はなんて旨いのだろう〜! yuki
posted by yuki爺 at 18:56| 東京 ☀| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

庭の置物?

いやぁ〜 今日は陽射しも強く暑い一日になりました。

朝から庭の草むしりと草花の手入れをしていました。




こうして見ると、駄モノですが庭などには結構置物がありました。

勝手入口付近には犬の置物です。
防犯対策?になりますかね。

私が小さい時から、柴犬を飼っていました。
もう、何代目になるのかなぁ〜。

4〜5年前まで、番犬用として柴犬を飼っていましたが、長寿でお別れしてから、別れが辛く飼うのはやめています。

その代わりと言ってはなんですが、この置物の犬たちが番犬代わりをしています。

庭隅には親父が部屋に飾っていたミロのビーナスが淋しそうにたたずんでいます。

そして、木彫りのカルガモ。

園芸店で買い求めた、人形の置物・・・。

更に、苔むした道祖神が置いてあります。

細々したものはまだありますが、高価なものは一つもありません。

もし、お出でいただく機会があれば、好きなものをお持ち帰りください。
posted by yuki爺 at 16:48| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

これも趣味?の一つ

アナログの世界



安物のアンティークなラジオでFM放送局をチューニングして聞くのも楽しいものです。

電波の入りも悪いせいか、音質も悪くイマイチなのですが、何故かこれで満足しています。

あとは昔のレコードを聴くことですね。

いまやCDの方が音質がいいのですが、レコードを聴くという作業が好きなんです。

聴きたいレコードを探し、クリーナーで盤をきれいにしてから、ターンテーブルに乗せる。
慎重に針を下ろす。
シャーシャー音を出しながら曲が流れてくる。

部屋の灯りを間接照明にして、好きな焼酎を飲みながら時間を過ごす。
若者でない、爺さまの世界に入り込んでいます。

女房は傍にいません。向こうの部屋でテレビでも見ているのでしょう。(お互いに干渉しない時間です)

今日のレコードは「ポールアンカ・ニールセダカ・エルビスプレスリー・加山雄三・吉永小百合」を出しました。

世代が判っちゃいますよね。

捨てるに捨てられないリールデッキがあります。
使っていませんが、愛着があるんですよ。
(女房は捨てろと言っていますがね)

不思議なもんです。アナログの世界が好きなんですが、デジタルのPCでブログで紹介しているのが・・・。

これも時代の流れなんでしょうね。

ちなみに、座右の銘の一つが「流されて流されず」です。
あとは、「漁夫の利」と「棚からぼた餅」かな?
posted by yuki爺 at 21:57| 東京 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

私が最も美味しいと思う鰻屋



海外にお住まいの方々より、多くのアクセスをいただいておりますが、鰻だけは日本で味わうのが一番なのでしょう。

国内でも、スーパーで鰻の蒲焼などは見かけますが、本物?の鰻を食べたら、味は月とスッポンだと思います。

ちなみに、月とスッポンとは(雑学)、相反するものを言いますが、スッポンの甲羅は丸いので、同じ丸いお月さんとはかけ離れていることから、相反するものを例えて言うのでしょう。

鰻は何に例えれば良いのでしょうか?(火星とウナギ?)

さて、今日は事情があって、女房の叔父さんの病気見舞いに山梨に行ってきました。
叔父さんは緊急入院して病床についておりますが、思ったより症状も回復しているように見えました。
大変お世話になった方ですので、早く家に帰れることを願っておりますが・・・。

実は、女房の実家の隣りは、親戚の昭夫さんが鰻屋さんをしています。

浜名湖の老舗で修行し、暖簾(のれん)分けしていただいたお店ですが、専門店のこだわりがあり、食材を含めて本物の志向なのです。

山梨に行くと必ず、この鰻をいただきます。
逆に、ここの鰻しか食べられませんね。

天然ものを毎日吟味して仕入れ、さばいて串を打ち、30分くらい蒸して秘伝のタレに付けて、焼き上げるのです。

焼き上げている鰻を手のひらに乗せて(熱くないのか?)上がりを確認しています。

上手く表現が出来ませんが、ホクホク?フカフカ?パリパリ?・・・。
香ばしい独特の風味が充満します。

注文してから40分はかかる、まさにスローフードの鰻でした。

上手い!絶品!至極の味!がこの鰻でした。

海外にお住まいの方々には、この香りだけでもお届けしたいものですね!
posted by yuki爺 at 21:52| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

tomoちゃんの結婚式

私の姪っ子のtomoちゃんの結婚式



今朝は天気までは祝福してくれるかのように、雲ひとつ無い好天になりました。

姪っ子のtomoちゃんの結婚式です。

母親(tomoちゃんのおばあちゃん)を車に乗せて、家から3〜40分のところにある渋谷区内の式場に向かいました。

閑静な住宅街の一角に、緑に囲まれた式場がありました。

入口に飾られているウエルカムも手づくりです。

二人がいろいろと考えたのでしょう、通路もきれいな花飾られています。手づくりの心からのもてなしが伝わりました。

tomoちゃんは隣りに住んでいる姪っ子で、私にとっては子どもと同然でした。

お父さんと同様に、なんか、お嫁に行っちゃうのが淋しい気持ちにもなりますが、二人の満面な笑顔を見ていると、こちらも幸せが伝わり嬉しくなりますね。

バージンロードをお父さんと歩く姿は、目頭が熱くなります。

少しして、新郎のお父さまが、私に挨拶に来られました。
“○○さんですよね”
“はい!?”

10年くらい前に一緒に仕事した方で、なかなか英才な方でよく覚えています。

へぇ〜 偶然とは言え、世の中狭いもんですね。
その方と親戚になるとは・・・。

新郎新婦をそっちのけにして、また、飲みましょうと約束をして、盛り上がりました!

やがて、結びの時間を向かえました。

私はお酒が入っていますので、今度は女房が運転手となり、家路につきました。
車の中では、いい気持ちになってついウトウトと・・・。


いま、ゆっくりと撮った写真をながめているところです。
posted by yuki爺 at 20:03| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

勉強会と称して一杯

昨夜は勉強会と称して一杯やりました




何ごとも○○会と称しての会合は多くありますね。

昨夜もある女性と勉強会と称して一杯やりました。
もちろん、勉強会ですので話題はそれぞれの考え方や思いなどを語り合い、時が過ぎるのも忘れるくらいです。

会議室での情報交換とは異なり、美味しい酒と肴で話はいろいろな話題に発展し楽しいものになりました。

お店はちょっと隠れ家的な雰囲気で、行きつけの店でM市の駅から4〜5分のところにある「和彩dining 花」というお店です。
素敵な店ですよ。

お近くの方は是非、ご利用してみてはいかがでしょうか?

その後、次の店に席を替えました。

その店も、もう25年も行きつけのカウンターバー「伊香衛」です。

店内はちょっと暗く、オレンジ色の灯かりがグラスを照らしてます。

カラオケも無く、会話を楽しむ静かな店ですね。

その店にはルールがあって、酒を楽しむのは大いに結構ですが、大騒ぎはご法度です。
また、同時に喫煙するのも二人までで、それ以上の方が吸おうとすると、換気扇が回ります。
そして、役職名でなく名前で呼び合うのです。

もちろん、お店の方もママとは言いません。お名前です。

11時ピッタリには閉店になります。

こんな雰囲気で、楽しい勉強会?になりました。
posted by yuki爺 at 07:47| 東京 🌁| Comment(11) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

私の生活圏

都心・職場・住まい



昨日は都庁で会合があり、新宿の副都心に出かけました。

見慣れた街並みですが、こうして思うと面白い街ですね。

摩天楼のような超高層ビル群、雑踏の駅周辺、行きかう人々、土派手な看板、3億円が当たる?宝くじ売り場、人があふれるホーム・・・。(画像)

これも私の生活圏です。

その新宿から電車で西へ20分、職場のあるM市は緑も多く、駅に着くと何故かホッとします。

住まいは隣接するM市で、自宅から職場まで徒歩で55分。自転車で20分のところにあります。

今日は自転車での通勤でした。

通勤路の半分は遊歩道(画像)になっており、季節の香りが楽しめる環境です。

自宅の庭の巣箱には、今までシジュウカラが餌を運んでいました。

デッキのペンキ塗りも終え、落ち着いた庭になりました・・・。

これも私の生活圏です。


追伸:ちなみに、宝くじ売り場でグリーンジャンボの連番を10枚買い求めましたが、もし、3億円(いや3000万円)が当たったら、即、勤め先を辞めます。

趣味の世界で暮らすことにします。

そして、お世話になっているみなさんには、100万円分の豪華商品をプレゼントします。

さて、どうなることやら?(期待しないで待っててください)
発表までの楽しい夢が始まります。
posted by yuki爺 at 00:00| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

私のダイエット法

2ヶ月で7kg減!



“自分だけダイエットをするとはなにごとじゃ。コツをさっさと姫に教えなされ”と京都のnagomiさんからコメントが入りました。

ご指示のもとに、私のダイエット法(2ヶ月で7kg減)をお教えします。

ダイエットをはじめた理由は、ご存知のとおり競技ダンスを趣味としておりますが、最近、何故か?中々勝てません。
その理由は技術はもちろんのこと、体型にも原因があるのだと思ったからです。

案の定、鏡に映した私の体型は中年太りになっていました。
思えば、ベルトの穴も一つ多くなっています。


では、どのような方法で・・・。

身長180数センチある長男が病院に勤めており、上司からこう言う風にすれば痩せると言われ、実践したところ見事に10kg減量しましたので、その方法を教えてもらい、私も挑戦いたしました。


先ずはじめにシッカリとした考え方を持つことですよね。

@ 健康的に体重を落とす。
A 何のためにダイエットするか、強い目的意識を持つ。
B 空腹感とどのように闘えばよいのかを研究する。


いよいよスタート(私の場合です)

朝は「春雨スープ(お吸い物風)」48kcal(画像)に納豆を入れて満腹感を得る。ひかり味噌叶サ

昼は「リエータ(粉末ドリンク)」168kcalをお湯でシェイク(300cc)して飲む。キリンウェルフーズ叶サ

最初は夕方5時近くなると、目がまわるほど腹が減ります。
胃を小さくするために我慢だと言い聞かせる。

夜はダンスの練習に行き、シッカリと運動どうする。
(1時間歩くのはベストですが、長続きしませんよね)

喉がカラカラで帰宅する。缶酎ハイを一気に飲む。
そして、通常の軽い食事。

20日間くらいすると4〜5kg落ちました。

これは痩せたのではなく、ただ、腹が減っているから体重が落ちたような気がしていました。

その後は全てを軽めの食事に切り替えて、現在に至っています。

勝負は最初の3日間。
苦しいのは7日間。
効果が目に見えて出るのは3週間日後。

それと、大事なポイントは絶対に間食をしない。
いつもカロリーのことを考える。

野菜だから・・・。カロリーが低いから・・・。と思い込んで腹一杯食べたら、空腹感に勝てませんよ。

腹8分目では痩せない。腹7分目にすることがダイエットにつながります。

さて、いかがでしょうか。
あなたも挑戦してみませんか?

若さと美貌と健康のために!
posted by yuki爺 at 15:57| 東京 ☀| Comment(13) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

プランターでの野菜づくり、そして草花

今朝の庭の画像です



庭のプランターで野菜を作っています。

ナスの花が咲きました。そして、プチトマトも・・・。
絹サヤの花とサヤインゲンも出来ました。(2度目の収穫です)
ブルーベリーも沢山の実をつけました。

いよいよ、この季節がやってきましたね。

ちなみに、我が家の野菜は、プチトマトが3種類(8本)。ナスが2種類(4本)。ゴーヤが2種類(7本)。絹サヤ8本。ニラ。パセリ2種類。ハーブ(ミント系4種類)ミョウガ。シイタケの原木10本。ブルーベリー3本。

麦は先週に刈り取って、青い麦を観賞用で楽しんでいます。

もう少しすると、稲の苗をプランターに入れて水耕栽培をします。

ほとんどがプランターで育てているんですよ。


更に、草花は毎年、田舎(女房の母)からカンパニューラの苗を頂いて育てていますが、昨日、白と紫の花が咲きました。

白色の牡丹(芍薬?)も咲いています。

テッセン・バラ・ジャスミン・ダリア・マツバボタン・・・と続きます。(画像)

今日も陽射しの強いなか、一日中庭で園芸を楽しんでいました。
posted by yuki爺 at 20:44| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

暑くなるニッポン



東京に住んでいながらも、我が家の居間にはエアコンが無いんですよ。
夏は別の部屋との風通しを良くするために戸を外し、縁側は網戸にします。
あとは壁掛けの扇風機とうちわ、そして蚊取り線香を使っています。

そして、縁側先にはニガウリを日除け代わりに育てています。(昨年の写真)

今年もニガウリの苗を植えました(写真)

更に、そよ風を楽しむためにも、プランターに稲を植えています。
青々育った稲の間をそよぐ風は、風情もあって暑さをしのいでくれます。

そして、レコードで好きなエルビスを聴きながらのビールもいいですね。

昔は何処の家でもエアコンなんかありませんでした。
タライで水遊びをしたり、打ち水も効果的でした。
縁側では大きく切ったスイカや出来立てのトウモロコシなどを食べ、旬の季節感を味わったものです。

最近のニッポンは確実に暑くなっています。

特に東京はコンクリートで覆われ、家々も接近しエアコンの熱を噴出し合っています。
これじゃ、暑くなるわけです。

地球温暖化の現象と原因はご存知のとおりです。

ものの資料によると、あと20年すると地球全体の気温が1.5〜3.5度も上昇すると予測されています。

過去100年の気温の上昇が0.3〜0.7度であったことと比べると、猛烈な勢いで暑くなっているのですね。

五月に入って記録的に夏日が多くなっていますし、中国の経済発展の影響でしょうか、光化学スモッグも多く出始めました。

最近の気象などでも、何十年ぶりとか、気象庁始まって以来とか、かって経験したことの無い異常気象とか・・・。

このような言葉も慣れっこになってまっているのが、恐ろしいような気がします。

自然をちょっと利用して夏を楽しく?過ごすため、今からニガウリを育てています。

なるべく昔風に戻って、生活が出来ればいいのですが・・・。
posted by yuki爺 at 17:19| 東京 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

石さんの手前味噌



友人の石さんは、私の燻製づくりの師匠でもあります。

先日、ブログを再開した話をしたところ、お祝い?自家製の味噌とマーマレードを頂きました。

味噌の作り方については、以前のブログでご紹介いたしました。詳しくはこちらまで。

いただいた味噌は、江戸前風味で塩加減はやや甘めです。
熱処理をしていないので、麹菌も乳酸菌も生きたままですので、胃腸の弱い私には良い頂き物です。
これからの季節、ビールのツマミにモロキューとこの味噌は、最高な取り合わせですね。

ちなみに、味噌が入っているこの器は「よめ膳@カフェ」のYOMEさんから戴いたものです。
同じ沿線に住んでおり、20分くらいの距離です。
今ごろは2冊目のレシピ本の編集中でテンテコ舞いしていることでしょうね。

次に、手づくりマーマレードです。
石さん家(ち)で出来た夏みかん丁寧に時間をかけて作ったと言っていました。
そんなに甘くはなく、今朝も女房はパンに付けて目を細めて食べていました。
何でも器用に作る方で玄人はだしです。

石さん、手前味噌でも能書きでも何でも聞きますから、次に何を頂けるのでしょうか?


参考(雑学)
手前味噌とは自分の家で作った味噌の味を自慢することで、自分で自分のことを誇ることである。
つまり、手前味噌とは自画自賛・自慢といった意味になります。

posted by yuki爺 at 00:00| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

「足るを知る(たるをしる)」

朝露の花たち  (昨日は雨模様でしたので、今朝は露がかっていました)



この連休もあっと言う間に終わってしまいました。

あぁ〜あれもこれもやりたかった。それにはもっと時間が欲しかった・・・。と不満げに独り言をいってしまいます。

こうして見ると、私(人間)って欲望の塊かもしれませんね。

本当は今の状態に満たされているのでしょうが、何故か満足しておらず、時には節約しているとか、何ごとも腹八分目だと言って、更なる要求や自分に都合の良いように考えているのが本音です。

それは、私自身、本当の満足(腹十分目)が、何だか知らないからなのでしょうか?

不満に思っていることは、もしかしたら満足(十分目)以上の状態にあるかも知れません。

満腹状態に気がつかないから“不満”が出てしまうのでしょう。

これは子どもがオモチャを欲しがるように、飽食・飽物(こんな言葉はあったかな?)状態になり、いくら満たしても満ち足りない欠乏感にとりつかれているのかも知れません。

きょうのタイトルですが「足るを知る」です。

京都の竜安寺のつくばい(手水鉢)には「吾唯足知」(われただたるをしる)と刻み込まれています。

これは満足(腹十分目)を知ると言うことでなく、六分でも八分でも足るを知れ、と教えているのです。

ある意味では充実感のあった連休でしたが、時間がまだ欲しい(足りない)とか、あれもこれもしたいとか・・・。

もの足りない不満のあるような気持ちでしたが、いま、自分が健康でいる。
特に大きな悩みや課題もない?(貯金もないが借金もない)ことに満足しなければ、罰があたることを認識しなければなりません。

やはり、自分の力をわきまえて、分を知ることが不平・不満がでないのでしょうね。

爺の年齢になって、やっと“足るを知る”を感じはじめました、きょうこの頃です。

追伸:京都のnagomiさんへ 竜安寺のつくばいの写真を撮り、事実かどうか確認することを指令する。

posted by yuki爺 at 18:40| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

爺はMMK?




今日のタイトルは“爺はMMK"です。

私ぐらいの世代の方はご存知かも知れませんが、M(モテテ)M(モテテ)K(困っちゃう)です。
*ご存知ない方のほうが多いでしょうね。40年くらい前に流行った言葉です。

さて、私の誕生日に際しまして、いろいろな方からプレゼントと戴きました。

息子夫婦・次男坊はご紹介済みですが、“京都のnagomiさん”から丹波のワインが届きました。
ご主人が私にはこれが良いとすすめたそうです。

桐の箱に入った高級品だと思います。

あとのお返しが怖いような気もします。(引きつった笑)

次に何の前触れもなく、関西にお住まいの“NATURALさん”からコーヒーが届きました。
いつも安物のコーヒーしか飲んでいませんので、缶の蓋を開け香りを楽しみました。

お気に入りのコーヒーカップで戴きましたが、味良し、香り良しで至福の時間を過ごすことができました。

そして、福岡にお住まいの“はなさん”からは、大好きな「いいちこ」の原酒と手づくりの石けんをいただきました。

いいちこは下町のナポレオンと言われ庶民が愛飲するベストワンだと思いますが、これは本当のナポレオンに匹敵するくらいのものです。
普段は25度を愛飲していますが、これは40〜44度と表示されています。
勿体なくて飲めませんね。

そして、ケーキのような手づくり石けんです。
名前も“メープルココアcake"“アプリコットブーケ”そして、キッチンソープと書かれています。

最後に、女房からは本当に大好きな“くじらのベーコン”がプレゼント?されました。

爺はこの歳になっても本当にMMKなんだなぁ〜。と自負しています。

みなさん、心から御礼申し上げます。
posted by yuki爺 at 16:41| 東京 ☔| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

5月5日 午前6時30分 庭の草花



歳のせいか、休日のせいか、起きるのが早いですね。
今日は4時には目が覚めて、コーヒーを飲んだり、日記を書いたり、PCの画像を整理したりで6時半近くになりました。

カメラ片手に庭の草花をパチリしていました。

ジャスミンの香りも漂っています。
芍薬?牡丹?の花も満開ですね。

プチトマトの花が咲きそうです。
テッセンも満開ですよ。
白い花はブルーベリーです。

今日は完成したデッキのペンキ塗り(あと半分)をしようと思っています。

休日もあと二日! やることが多くて時間が足りません。

何方か時間を貸してくださいませんか?
posted by yuki爺 at 05:57| 東京 ☀| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

旗日(祝日)が続く・・・



3日は憲法記念日・4日はみどりの日・5日はこどもの日・ついでに6日は立夏ですね。

後半の連休に入りました。

以前ですと、家々の門には日の丸が掲げられ祝日であることがわかりました。

我が家の近所でも、ほとんど見かけなくなりまいた。

近所の旧家(写真)では、立派な日の丸を掲げています。

日の丸は、白地に赤丸という、実にシンプルなデザインです。

ものの本では「太陽をかたどった幢(旗)」を正月の飾りとして掲揚したとして続日本紀に記録されていると書かれていました。

私たちが知っているのは、屋島合戦で、源氏の武将那須与一が、船上差し上げた赤丸が描かれた扇の的を射る場面が出てきますね。
よく講談師がペンペンと台を叩いている場面ですよ。
私にはその辺のイメージしか出てきません。

さて、日本の旗は、なぜ日の丸なのかご存知ですか?

また、ものの本によると、このデザインの歴史は古く、平安時代にも存在したとのことです。

戦国時代には、武田信玄や伊達政宗らが武門の誉れ、正義の印として使われてきた日の丸を旗印に使っていたとあります。

これが日本の旗になったのは、江戸時代の末期で生麦事件に端を発し、薩摩藩とイギリスの間で戦争が起こりましたが、薩摩の軍艦がこの日の丸を掲げていたので、イギリス人が日本の国旗だと思い込んだそうです。

その後も幕府の軍艦が日の丸を掲げて太平洋を渡っていきましたので、日本の日の丸が世界に知られることになりました。

つまり、先に世界に認められてから、日本の国旗と制定ようです。

いづれにしても、昔のことは判りませんが、今の一瞬は私の周りでは天気も良く、長閑な時間が流れています。

先ほどは、ホームセンターでニガウリの苗や草花などを買い求めてきました。

これから好きな庭仕事が待っています・・・。
posted by yuki爺 at 12:00| 東京 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

事務連絡(京都のnagomiさまへのお礼)



京都のnagomiさまへ

爺の誕生には結構なお品を頂戴いたしました。

それは、ワインのラベルのみと温かい励まし?のメッセージでした。

紹介されている文中には、自宅のデッキで買って来て、勝手に飲めとのことです。

私は実行しました。

この画像が証拠です。
いかがでしょうか?

以上、事務連絡終了

*京都nagomiさまのアドレスです。(どうやってリンクするかが判りません)
http://blog.goo.ne.jp/satobedesu/e/d679bac67b04b0c969d92bbbb7bd73fe


posted by yuki爺 at 00:00| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

私が歩いてきた道だけど・・・



先日、朝のコーヒーを飲んでいると、女房が“今日は誕生日だったわね、おめでとうって言っていいのかしら”と言う会話から一日が始まりました。

結婚して34年、長年連れ添っている夫婦の会話はこんなもんかも知れません。

特に、お祝いをしてくれる様子もありません。

もう、59回も誕生日を迎えていると慣れもあるのでしょうか、気持ち的にはただの通過点のようです。

午前中に息子夫婦が来てプレゼント(缶酎ハイの箱詰)を置いて行きました。

子ども夫婦の笑顔を見ると、元気が出ますね!

次男からは試合会場で使うようにと桐の箱に入った扇子を貰いました。

誠実な彼の性格からきっと悩んだ挙句にこの扇子にしたのでしょう。

気に入ったプレゼントになりました。

午後からは地域のダンス大会があり、そのあとの居酒屋での打ち上げがありました。

その席で隣に座った女房からは、“お祝いはこれでいいわね”と自分の分の焼き鳥をまわしてくれて、おしまいです。

気持ちの入っていない形だけのプレゼントでしたが、まぁ〜、気にしてくれるだけ、ありがたいと思うようにしています。

これが我が家の日常です。

しかし、誕生日を機に振り返ると59年の歩いてきた道がありました。

もう、二度と同じ道をなぞることはできませんが、それぞれの景色を楽しんできたような気がします。

人生を色と季節で表した言葉で青春・朱夏・白秋・玄冬があります。

青い春(青春):躍動感があって、冒険心があって、失敗を恐れない時でした。

赤い夏(朱夏):まさに赤く燃える時です。行動力があり、仕事も趣味も全力でしたね。

白い秋(白秋):人生の第三期充実期とも言われます。今の私はこの時期かもしれません。
酸いも甘いも経験し、光る金でなく燻す銀の味わいが表現できるような年齢になってきました。

そして、黒い冬(玄冬):人生の仕上げの10年と言われます。この時期はもう少しあとのような気がします。

これからは、道草をしながらもう少しゆっくりと歩いて行きたいと思っています。

でも、気持ちはまだ朱夏ですね。
posted by yuki爺 at 00:00| 東京 🌁| Comment(16) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。